PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ブクログ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    「聞く」と「聴く」の違い
    0

      「聞く」と「聴く」は、どう違うのでしょうか。

      ある小学校には、

      授業は「聞く」のではなく、「聴く」ものである。

      みたいな張り紙があるそうだ。



      「聞く」は、ただ耳で聞いているだけ

      「聴く」は、耳+目と心(漢字を分解すると)


      本当に理解するというのは、ただ耳で音を聞いてるだけ、ただ目で字面を追っているだけでは、
      理解できないものなんですよね。

      なぜなら、音も文字も言葉も、表現・伝達の一つの選択に過ぎず、

      本当に伝えたい中身は、その向こう側にあるから。



      さらに、心で理解するための下地として、受け手の経験と想像力が必要になる。

      見たことも聞いたこともないものを理解するのは中々難しい。

      例えば

      真夏の太陽がじりじりと肌を焦がしてゆく海岸で、僕たちはかき氷を口にかき込んだ。

      がっつきすぎた高橋が咳き込み、僕もこめかみをキンキンさせながら笑った。


      この状況を理解するには、

      夏の太陽のカーっと照り付ける感じ、

      氷の溶けてゆく感じ、

      頭がキーンとなる感じ。

      こういった経験が全くなく、見聞きしたこともないという場合は、

      ここに使われている言葉の辞書的な意味がわかっていても、

      この状況を理解することはできないでしょう。



      色んな経験をすること(子供に色んな経験をさせること)と、

      きく時・読む時も、「心を働かせて」理解しようとする姿勢が大切ですね。

      自分の耳や目といった五官のどれかだけに任せずに、

      「この人が言いたいことはどんなことなんだろう??本当は何を伝えたいんだろう??」と。


      伝わらない・理解できないというのは、

      話し手(書き手)が、相手の辞書にない言葉を使っている

      受け手(読み手)が、理解するために必要な受け皿を持ち合わせていない

      などの両方が組み合わさっていることが考えられ、

      どちらか一方の努力だけでは解消できない場合が多い。


      心で聴く、心で読む、を心がけていきたいと思います♪

      posted by: tokitaikojo | メモメモ☆ | 00:00 | comments(2) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - | - |
        なんかドシンとくる投稿です。。
        私も自分の理解できる範囲で話したり、わかったつもりで会話しちゃう。
        周子ちゃんにもそれしてたらごめんね。。
        (。-人-。)

        周子ちゃんも書いたように、
        心(の声)をきく、というときは「聴く」を使いたいね。

        でも、周子ちゃんは言葉をくみとるのが上手だと思うよ。
        私がうまく言いあらわせなくって、ゴニョゴニョ説明しちゃったときでも、的確な言葉に言い換えて意見してくれてるし。
        だから、自分のなかで整理できないことや、なんでモヤモヤしてるかわからないときは、すぐ周子ちゃんの顔が脳裏をよぎるよ。。
        (〃'∇'〃)ゝエヘヘ

        うちの旦那がよく会話を先走るんだけど、見当違いな先読みをするから、ちょっとイラっとしちゃう。(間違えた先読みをするぐらいなら、きちんと最後まで聞いてからとんちんかんな回答された方がまだマシな気も。。)

        私はそういう人を真似をせず、、
        理解するための受け皿を広くする努力と、
        相手の話を最後まで聞く余裕をもちたいと思います。


        そういえば、もうひとつのブログに紹介したサイト(HONY)に
        偶然、昨日「聞く/聴く」関連の記事がありました♪

        コメントも面白いので併せてコピペします。^^

        ===============
        “When I was younger, I thought listening was just about learning the contents of someone’s mind. I’d always try to finish their thoughts, just to show them that I knew what they were thinking. As I got older, I learned to listen better. I realized that by trying to anticipate their mind, I was ignoring their heart.”
        昨日 21:09

        <comments>
        L. Oprisa
        Like many other people, I make this mistake often, and am glad that someone else put this into words. Thank you.
        昨日 23:33

        J. M. Alfonso
        I wish Google did the same.
        昨日 23:38

        R. H. Sharp
        Who knew sitting on a train platform in central New Jersey I would open FB and meet a great teacher.
        昨日 23:35

        A. Basit
        “Most people do not listen with the intent to understand; they listen with the intent to reply.” Stephen R. Covey.

        Learning to truly listen to another person with the intent to understand and accept them, is one of the best/most imp lessons I've learned and continue to learn.
        今日 1:17
        ===============
        | ryoko | 2013/07/16 3:54 PM |

        >周子ちゃんにもそれしてたらごめんね。。

        えー全然大丈夫だよーーまったく問題ナッシングだよ♪

        >でも、周子ちゃんは言葉をくみとるのが上手だと思うよ。

        えーそうかなあーーそうだとしたら嬉しいわありがとう〜

        >うちの旦那がよく会話を先走るんだけど、見当違いな先読みをするから、ちょっとイラっとしちゃう。


        わかるー! 私の周りにも先回り癖ある男性がいて、結構4〜5人すぐ思い浮かんだよ。

        彼らって、良く言えば頭の回転が速かったり、物事を効率化させるのが得意な面もあるけど、
        その反面、せっかちで、「熟考する力」「ひとまず保留にしておく力」が低く、早く結論を出したがる。

        コミュニケーションの基本は「傾聴」で、
        これは営業の基本とも言われている。
        人の話にしっかりと真摯に耳を傾けて、受け止めること。

        そして、傾聴するにはある程度の忍耐力が必要なのよね。
        相手のスローな話に耐えるというよりも、
        すぐ要約したり結論に飛びつきたがる自分のせっかち癖に耐える、という意味で。

        あと、先回り癖のある男性は、
        他人(特に小さい子)が初めての事を試行錯誤で挑戦しているときに、
        黙って見守っているのも苦手ね。
        すぐ手を出して代わりにやっちゃう。
        試行錯誤を見守ること自体がイライラするらしいよ。

        そして、
        話を遮って先回りしてくる男性って、
        相手に甘えている、気を抜いている、という面もあるね。
        なぜなら、社長とか取引先のエライ人とかが話しているとき、
        その人の話を遮って先回りするのは、普通しないよね。

        相手がエライ人なら、
        内心で「この話はきっとこうなるだろうな」と推測できたとしても、
        相づちだけ打って耳を傾け続けると思うの。
        なぜなら、人がしゃべっているとき、話を遮って要約したり、結論づけたりするのが、失礼な事とわかっているから。

        なので、先回りは「甘え」「気の緩み」なんですわ。

        ホントにねー、「すべらない話」のDVD見て学んでほしいね。
        あれは「話し方」だけでなく「聞き方」が勉強になる番組ですわ。
        話している人以外の芸人がどういう姿勢で聴いているか、
        そこをしっかり見て真似してほしいと思いますね。

        コメント長くなっちゃったので、ここでいったん送信しまーす
        | shuko | 2013/07/17 10:41 PM |