PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブクログ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    過去
    0
      摩周湖ちゃん

      こんにちは。遼子です。

       A氏がここ数日出張中のせいか、昨日はやたらと
      過去、恋愛関係にあった人たちを思い出しました。。

      恋愛関係といっても、
      男女の関係にいたってないものがばかりですが。。


      美容師S氏:
      一回だけ一緒にドライブできて、車の中で、CARDIGANSのLOVE FOOLを二人で熱唱したのがいい思い出です。
      なにかされることもなく、別れ際にホッペにチュッとされたのが、私が学生時代に経験した唯一のキスであるとは。。
      →結局S氏は結婚していたため、二人の仲を進展させる勇気が私にはなかったわけで、二人の間のドキドキを自然消滅させました。


      スノーボーダーK氏:
      純粋さではこの人が1番じゃないかな。
      とにかくスノーボードが好きで、いっしょに出かける場所はいつもスノーボードができる場所でした。某室内スノーボード練習場で、先輩のスノーボーダーに「Kの彼女?かわいいじゃん。」、と冷やかされたときのKの照れ笑いがいい表情でした。
      さっき久しぶりに名前を検索したら2008年よりあとの大会出場記録がネットで表示されないけど、ボードやめちゃったのでしょうか。この人とも、一線を越えることはなく、キスもハグもしてないけど、、それが過去の思い出を美化させます。
      →なんだか、頼りなく感じて私から離れていったけど、連絡を無視し続けた私に対して「俺を嫌いになったのかもしれないけど、無視するのはやめてほしい。。」とメールで言われたのが、今でも胸につきささります。わたし、残酷だったかな。ボードのウェアが借りっぱなしだね。ごめんね…


      留学先M氏:
      休日の美術部の部室で、一緒に習字の練習したのがいい思い出です。うしろから私の右手を握って、お手本を一緒に書いた姿は、まるで映画のワンシーンだったことでしょう。
      →この人も深い仲にならなかったけど、私の一方的な離れ方は失礼でした。Mさんごめんなさい。外国人女性に興味があったんだと思うけど、今頃ステキな女の人と国際結婚してるかな。


      留学先J氏:
      ずばりわれらがアイドルのYoung gentlemanっ☆!
      そもそも、恋愛関係にあったのかナゾですが、留学の最後の学期で間違いなくJは私のお気に入りでした♪
      それに、気まずい雰囲気になることなくさわやかにバイバイしたので、この人のことを思い出しても胸がキリキリしません。別れ際に私が「can i send you an email after i get back to Japan?」、と聞いたのに対し、「Of course.  Then,,, can I send you back an email?」、と顔をほころばせながら言ってくれて、とてもほほえましい会話でした。^^


      以上、あまずっぱい過去の思い出集でした。


      なんかね、自分が片思いしていた男性より
      自分を想ってくれてた人たちの思い出の方が
      昨夜は貴重に感じたわけであります。


      やっぱり、恋愛は人生に彩りを与えますね。
      彼氏ができた経験、少ない方だけど
      こういう思い出がすこしあってよかったな。^^

      posted by: tokitaikojo | 青春の一ページ | 12:12 | comments(1) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:12 | - | - | - |
        わあ、なんてあまずっぱいエピソードたち♪
        お付き合いには至らなかったけど、心が接近した時期があった。
        舌の上でさっと溶ける角砂糖のような…
        砂浜で作ったお城のような…
        はかないけれど確かに心に思い出を残していった、
        そんな恋愛たちでしょうか。

        人生の最期に持っていけるのは思い出だけ、という言葉もあります。
        旅立つときは、お金も物も持っていけない。
        元気なうちに素敵な思い出をたくさん作って、ホンワカした晩年を迎えたいものですね。


        >うしろから私の右手を握って、お手本を一緒に書いた姿は、まるで映画のワンシーンだったことでしょう。

        ゴーストの「ろくろ」だねww



        さて、これらを短編集にして出版することを妄想してみたよ。

        ◆本の趣旨
        ・遼子を中心に展開される、様々な男性との恋愛を紹介。
        ・男性の様々なタイプ、それぞれの魅力、色々な形の恋愛があること、それらを通じて遼子自身も成長していく様子を描く。
        ・筆者が現在幸せな結婚生活を送っていることから、婚カツに悩む人々へのエールという側面も。

        ◆本の帯
        ・恋愛や結婚に悩む全て女性達に送る、甘く切ない珠玉のラブストーリー
        ・「出会いがない」と嘆くあなたへ〜恋愛を引き寄せるトキメキ体質の法則〜

        ◆本のタイトル案
        「私の軌跡〜婚カツ中の貴方へ〜」
        「恋愛でアップ!トキメキ体質」
        「ほれてまうやろー!〜私の出会った男性たち〜」

        ◆本の構成
        10人ほどの男性を取り上げ、各人が1章分となるようエピソードを膨らませる。出会い、交際、別れ。

        第1章 美容師のS氏(あまずっぱい編)
        第2章 スノーボーダーK氏(純粋編)
        第3章 留学先のM氏(国際結婚編)
        第4章 若き紳士J氏(紳士編)
         … 
        最終章 運命の人M氏(結婚編)

        -------------

        うふふ。妄想すると楽しいね。
        もし他にもエピソード思い出したらまた書いてね〜章を増やすから(*^^*)

        私も今度思い出してみようかな〜〜☆
        | マシュー・ブロデリック | 2010/01/31 9:23 PM |